Hishikiさんのトラベラーズノート

みんなのトラベラーズノート

今回はHishikiさんにトラベラーズノートを紹介していただきます。

トラベラーズノート歴はまだ半年ほどですが所持数は既に8冊!

Hishikiさんは先日のトラベラーズノートオフ会に参加してから更にトラベラーズノート熱が高まったようで、日々カスタムを楽しんでいらっしゃいます。

明るくて自分の気持ちに正直!

気さくなお人柄が魅力的です。

 

Hishikiさんのトラベラーズノート


わたしの手帳歴は長く、毎年様々な手帳を愛用していました。

トラベラーズノートに興味は持ちつつも購入には至っておりませんでしたが、昨年の秋、「何か良い感じのがあればいいかな」くらいの軽い気持ちで翌年の手帳探しで立ち寄った銀座の東急ハンズにてオリーブエディションを見つけました。

オリーブエディションの店舗販売はほぼ無くなっていた時期でしたので、

「残り物には福がある」

とその場で購入したのがきっかけです。

そんな程度の心持ちだったのですが、気づけば現在8冊のトラベラーズノート。まさか仲間を次々と召喚されるとは思いもしませんでした^^;

現在は用途や気分に合わせて本体を着せ替えをさせたりして楽しんでいます。

現在所有しているトラベラーズノートはレギュラー5冊、パスポートサイズ3冊の計8冊です。※8冊のうちレギュラー2冊(2代目オリーブとAceHotelキャメル)は余剰リフイル等の保管用となっています。

メインで使っているのはレギュラーサイズの「オリーブ」・「成田限定版」、そして先日定番化した「ブルー」の3冊です。外出時、荷物が多くなりそうな時はパスポートサイズを持ち歩きます。

リフィルには、「自分が気に入った事柄」・「書き留めておきたい事」・「欲しいものややってみたい事」等々、細かな区分けもせず思いついたままに好きなように書いています。

外出先で気に入ったデザインのアドカードやパンフレットを貼ったり、スマホで撮影した画像をプリントアウトして貼ったり。雑記帳のような使い方かと思います。 あとは、公式のマンスリー手帳に予定やチェックしている本の発売日等を記入しています。

また、それぞれにジッパーケース(中には付箋やシール、小さなブロックメモ用紙)無地かグリッドのノートを挟んでいます。マンスリーの手帳についてはゴムで留めずに抜き差しするだけで気軽に取り出せるようにしています。

メンテナンスについて

動物系オイルは拭いてもオイルがモリモリと沸いてくるので、鞄の中がベタ付いたり細かなゴミがノートに付着してしまいます。

わたしはそれがイヤで、主に植物系オイルのラナパーを塗って磨きあげています。

ただ、それぞれのトラベラーズノートの質感は異なる為、質感によってメンテナンス方法は変えています。最初からマットな黒やブラウンもあれば、キャメル・オリーブ・ブルーなど毛足があるタイプもありますよね。

そんな表情に合わせて、ラナパーを塗ったりブラッシングオンリーにしたり。「キズも味」とは言いますが、トラベラーズノートは上質な革ではありません。ちゃんとケアしないととてもみすぼらしい感じになるのでソコだけは常に気をつけています。


上の写真の右側は最初に購入したオリーブ。もう「ブラウンだよね?」という位に色が変わりました。2代目オリーブ(左)と並べて比較すると差が凄いですw

工夫しているところ

公式ではノートを別売りのゴムバンドで連結させる方法を出していますが、頻繁に抜き差しする私には煩わしいので、ネットで見かけたゴムを増やすカスタマイズをしています。2~3冊挟むためには、このスタイルが丁度良いです。

また、チャーム類が大好きなのですが付ける事によって「丸カン」の痕がノートに付くのが地味に嫌で試行錯誤した結果、「間に平たい物を咬ませる」事で本体へのヘコみをなるべく避けています。

なんかイヤなんですよねボコボコなのが。

あなたにとってトラベラーズノートの魅力とは

私にとってトラベラーズノートの魅力は「その時の気分で着せ替えができる」に尽きます。
好きな物を詰め込んだノートなので開く度にワクワクする、それが何よりも楽しいノートです。

トラベラーズノートを購入してから、あっという間に同好の方々やノート仲間が増えました。そんな仲間との雑談も楽しくて日々トラベラーズノートライフを満喫しています^^