Hishikiさん流・トラベラーズノートに傷がつきにくいチャームのつけ方

みんなのトラベラーズノート

今回はHishikiさん ( @Schwarz_eins )にトラベラーズノートの革をできるだけ傷つけずにチャームをとりつける方法を紹介していただきます。

スポンサーリンク

Hishikiさん流・チャームのつけ方

トラベラーズノートは日々変わっていく革の表情や何かの拍子についてしまうキズが味といえば味なのですが、やっぱりキズ・ヘコみは避けたいものです。

チャームの「丸カン」がノート本体に「点」で密着する為、キズやヘコみがついてしまいがち……。

何も対策せずに使用していたノートの表面はボコボコです(だいぶ薄くはなってきましたが)

これを何とか回避したいと思い、私が辿り着いた方法は2つ。

①「リボン留め」というアクセサリーパーツで丸カンの点の力を逃がす
②本体とチャームの丸カンの間に何か平たいものを挟んでノートに密着させない

それではこの2つの方法について詳しく紹介していきます。

①リボン留めをつける

「リボン留め」は手芸屋さんやアクセサリーパーツを扱うお店で手に入ります。

安価です。

色々と試してみたくて3サイズ購入しましたが、バランス的に16mmが良いみたいです。

それより小さいとリボン留めの金具の圧がかかりやすくなります。

ゴムにリボン留めをこのようにつけて…

ペンチか素手でぎゅっと挟みます。

動きが欲しい時はゆるめに絞めて動きがでるように、かっちり固定したいときはきつめに絞めます。

リボン留めにチャームをとりつけたら出来上がりです。

また、ゴムの結び目を「リボン留め」の中に入れてしまう事でノート後ろの「玉結び」をなくすことができます。

丸カンを咬ませていますが、ゼムクリップなんかでも良いと思います。

②平たいものをはさむ

革タグやボタンなどを本体とチャームの間にはさみます。

こちら、最初は革タグ1枚を挟んでいたのですが穴がだんだん広がってきた為、更にボタンも挟みました。

たまに見かける「くくった」方法もお手軽で良いのですがそこだけゴムの劣化が早そうなので私はやめました。


以上2つの方法をご紹介しましたが、トラベラーズノートをできるだけ傷つけずに好きなチャームをつけたい!と思っていた方の参考になれば幸いです。