トラベラーズノートのシステム手帳化カスタマイズ

カスタマイズ

こんにちは。よしぞーです。

トラベラーズノートは好き!でも普段はシステム手帳を使っていて、システム手帳の便利さが手放せないので使い分けに困っている。仕方ないので手帳はシステム手帳を使い、ノート機能だけトラベラーズノートを使用する。

そんな方いらっしゃいますよね。(私がそうでした)

システム手帳はリフィルを紙1枚単位で抜き差しできるので、必要なものを残す・不要なものを捨てる・順番を変えるが自由に出来るのが本当に便利で、一度システム手帳の便利さを体験すると、システム手帳を別のものに変更するというのが中々困難になります。

そんな自分が今回行ったのが、トラベラーズノートのシステム手帳化。トラベラーズノートをカスタマイズしてリング式のシステム手帳に改造することで、これまでのシステム手帳資産を無駄にすることなく、トラベラーズノートを使い込むということが出来ます。

また、一般的に革製のシステム手帳を購入しようとすると、そこそこのお値段になりますので、自分で革を購入してきて安価にシステム手帳を作ってみたいという方にも今回の記事は参考にできると思います。

それではトラベラーズノートをシステム手帳にカスタマイズする方法を説明したいと思います。

トラベラーズノートシステム手帳化の方法

完成イメージ


今回のカスタマイズで3つのシステム手帳タイプのトラベラーズノートを作成してみました。
写真のような感じの仕上がりです。

2つはレギュラーサイズのトラベラーズノートを使用して、1つはパスポートサイズのトラベラーズノートを使用しています。

準備するもの


今回用意したのは、トラベラーズノートの他に上の写真の道具+部品。
めっちゃいっぱい並んでますが、これはトラベラーズノートとリングのサイズ感を確認したかったり様々な作り方を試してみたかったので複数調達してきました。余ってしまったものは別の革を使ってシステム手帳を作ろうと思います。

実際に1つのシステム手帳を作るのに使用するのは下の部品と道具ですのでご安心ください。

改めて使用した道具について説明します。

システム手帳のリング


まずシステム手帳へのカスタマイズに絶対に必要なのがリングです。
リングには大きく2種類あり、「カシメで留めるタイプ」のものと「背付きタイプ」のもの。背付きタイプのものは革を表裏から挟み込むタイプとなりトラベラーズノートのシステム手帳化には合いませんので、カシメで止めるタイプのものを選びました。

今回購入したのは、M5サイズの15mmと、バイブルサイズの11mm、15mm、19mm、23mmのもの。

上の写真のように、それぞれのリングにリフィルを差し込んでトラベラーズノートとのサイズ感を試してみたところ、

パスポートサイズ+M5 15mmサイズのリング

少し余裕は出来ますが問題なさそうです。

レギュラーサイズ + バイブル11mmサイズのリング


問題ありません。

レギュラーサイズ + バイブル15mmサイズのリング



15mmも問題はなさそうです。

レギュラーサイズ + バイブル19mmサイズのリング

続いて19mmのリングですが、

開いた状態では大丈夫でしたが、

閉じるとリフィルがはみ出してしまうことが確認できました。

レギュラーサイズ + バイブル23mmサイズのリング

当然ですが、19mmでダメなら23mmもダメ。一応写真載せておきます。


こんな感じではみ出てしまいます。

上記結果から、トラベラーズノートをシステム手帳化するには、パスポートサイズであれば15mm(自分が探した限り、M5サイズはねじ式のタイプだと15mmしか入手できませんでした。)、レギュラーサイズに関しては11mmか15mmのリングをお勧めします。

パスポートサイズにM6サイズのリングというのも試しましたが、サイズ的にリングが革からはみ出ますので、パスポートサイズに収めるのであればM5になります。
レギュラーサイズに関して11mmだと差し込めるリフィルの枚数がかなり制限されてしまうため、一般的な手帳+ある程度好きなリフィルを収納したいのであれば15mmをお勧めします。今回は15mmにて作成いたしました。

リングを留めるための金具


続いてリングを留めるための金具。カシメで固定するタイプですが、ネジが販売されているのをフォロワーさんに教えてもらいましてネジを選びました。

カシメを打ってしまうと取り外しが出来なくなりますが、ネジ式だと後から分解することが可能です。※カシメは外れないというメリットもありますので好きな方を選びましょう。

ネジの高さは7mmと10mmのものが選べましたが、今回リング+収納系のリフィルも固定させたかったので10mmを選びました。10mmだと「リング+布のジッパケース」・「リング+ビニールジッパケースとカードホルダー」の構成でちょうどよく収まります。

リングと金具はパーツラボさんにお世話になりました。

バインダー金具・装丁金具││小さい金具パーツ専門店パーツラボ
手作り手帳用のバインダー金具を1本単位で販売中。紙を留めるためのねじビスなどもご用意しました。各種サイズをお選びいただけます。

トラベラーズノート(革)に穴を開けるための道具

続いてこちらは革に穴を開ける道具でスクリューポンチというものです。

革細工の先輩フォロワーさんに教えてもらい購入したのですが、すっごく簡単に穴を開ける事が出来ますし穴を開けるときに音もしません。

素晴らしいです。


先端に取り付ける刃(ブレード)も複数取り寄せて試してみましたが、4mmサイズのものが今回のネジサイズとピッタリでした。


こちらはスクリューポンチの練習で穴を開けた時の写真ですが、秒単位でポコポコと穴を開けられます。

スクリューポンチは野中製作所のものを使用しています。


システム手帳化の手順


それではシステム手帳化の手順です。ここではパスポートサイズのトラベラーズノートをM5サイズのシステム手帳化しています。レギュラーサイズでのバイブルサイズも同じ流れです。

ゴムをハサミで切る


まず、トラベラーズノートのゴムを切ります。ここに写真付きの説明が必要かと言われると悩ましいですが、一応手順写真も載せておきます。
ゴムを取ってしまうとただの一枚革になってしまいますね。シュールです。

リングを取り付ける箇所に目印をつける


リングを装着する箇所にあてて、ネジ穴の位置に鉛筆やマジックなどで印を付けます。

リングを装着する穴を開ける


続いてリングを装着するための穴をあけます。ここで先ほど紹介したスクリューポンチが活躍します。
穴を開けたい部分にスクリューポンチを置いて押し込むだけでブレード(刃)が回転して穴を開けてくれます。

リングネジで取り付ける


最後はネジを取り付けて完成です。

完成イメージ


最後にゴムを通して、


無事トラベラーズノートをシステム手帳にカスタマイズできました。


このような要領で、3つのトラベラーズノートをシステム手帳カスタマイズを行いました。

その他参考に

トラベラーズノートの金具を残したい


今回、3つシステム手帳カスタマイズを行いましたが、キャメルの二つは金具がなくなっており、ブルーは金具がついたままにしています。また、ブルーは下のゴム紐も残したままになってます。

金具やゴムを取り外してしまうと、何も機能していない穴がぽこっと開いてしまうため、ちょっとかっこ悪な〜と思い金具を残したのですが、これは、


単純に後ろでゴムで縛って金具を残しています。

ジッパーケースの装着について


ジッパーケースの穴あけですが、こちらも革と同様にスクリューポンチで穴を開けて、トラベラーズノートとリングの間に挟むように装着しています。
システム手帳として使うのであればそれなりの収納力は事前に用意しておいた方がよく、ジッパーケースを取り付けることで収納の幅が広がります。

1ヶ月使用して

このトラベラーズノートをシステム手帳にカスタマイズして1ヶ月ほど使用しておりますが、現状なんら不自由なく使用できています。

布のジッパーケースを収納に使ったのは実用面でとても便利。収納力の高いチャック収納がペンケースになったり小物を入れておけますし、


反対側のポケットもちょっと残しておきたい書類を詰め込んでおくのに便利です。

他、カスタマイズしている点としては、

ブラス クリップ ナンバーで各月のページへのアクセスをしやすくしたり、クリップタイプの付箋を取り付けたり、そんな感じでしょうか。


まとめ

以上、トラベラーズノートのシステム手帳カスタマイズでした。
システム手帳へのカスタマイズはちょっと敷居が高いように感じますが、道具さえ揃えてしまえば本当に簡単で、1つあたり5〜10分で作ることができます。
システム手帳にすることでこれまでのトラベラーズノートとはちょっと違う楽しみ方を体験できます。様々なカラーが発売されたりで余っているトラベラーズノートがある方もいらっしゃるはず。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

最後になりますが、今回のシステム手帳カスタマイズでは先輩のブログで学ばせていただいたり、アドバイスを頂きつつ作成いたしましたので、ご紹介させていただきます。

https://yucorin.com/travelers-note-planner/

ゆうこりんさん(@yucorin_jp)のブログ。カシメを使ってシステム手帳化されていらっしゃいます。こちらの記事にて全体的なシステム手帳化の流れを学ばせて頂きました。

アケボノインコと私
マニアックなスタンプ(手帳向けや活版・メタルスタンプ)と、文房具、万年筆、レザークラフトとバイクも出てきます

ふにふに。さん(@funifuni234)のブログ。
レザークラフトの大先輩です!今回スクリューポンチやネジ式金具などたくさんのアドバイスを頂きました。

心より感謝申し上げます!

コメント