トラベラーズノート ブラック(成田パスポート)のエイジング〜使用1ヶ月半〜

トラベラーズノート パスポートブラック成田 トラベラーズノートのこと

こんにちは。よしぞーです。

2018年9月1日より新しいトラベラーズノート、成田空港限定バージョンのパスポートブラックを使用し始めています。

黒のトラベラーズノートはこれまで表面をカスタマイズしたものしか使ったことがなく通常の使用でどのようなエイジングが進んでいくか見たことがありませんでした。※使用しているものは表面を蝋引きしてしまっているので普通のブラックとは異なる表情になっています。

普通のブラックを使っていないものの、実際に使っているユーザーさんから「あまり変化がない(エイジングしない)」といった話も聞いていましたので、実際のところどんな風合いになっていくか楽しみでした。

スポンサーリンク

トラベラーズノート ブラックのエイジング

メンテ方法と使用用途について

ブラックのメンテナンス方法ですが、ノーメンテ(メンテナンスはしない)にしました。2018年3月の発売日に購入したブルーのパスポートをノーメンテで使用していますが、予想以上に良い風合いに育っています。ブラックもノーメンテで使用したときにどうなるかを確かめたかったので。

メンテナンスはしませんが一つだけルールを設けまして、それは毎日使うこと。ブルーのパスポートと同じルールです。

ブルーパスポートは、定期券入れのような形で使っておりまして毎日肌身離さずが基本です。
それと同じレベルで使い込みたかったので、ブラックは手帳として活用することに決めました。

※私、手帳はシステム手帳ユーザーでバイブルサイズを使用してますが、ブラックのトラベラーズノートを使いたいがためにスケジュール機能のみを9月という年の中途半端な時期に移行しました。

正直なところ、バイブルサイズのシステム手帳でのスケジュール管理に慣れていると、トラベラーズノートパスポートサイズ(レフト式)での運用は小さすぎて使いづらいです。フォーマットもバーチカルからレフト式への切り替えになり・・・。

まあそういった個人的な使いづらさはあるものの慣れでカバーできる部分。我慢しましょう。

それよりもブラックのエイジングですね。

昨日、10月15日で使用開始から1ヶ月半が経過しましたので、どんな状態に育ったかを報告したいと思います。

使用1ヶ月半でのエイジング状況

まず、使用開始直前のトラベラーズノートがこちら。

ここから使用して1ヶ月半のトラベラーズノートがこちら。

写真が上手く撮れておらず分かりづらいですが、正直、目立った変化はあまり感じられませんでした。トラベラーズノートでよくある引っ掻き傷もあまり付かないようです。

ブルーのエイジング(0→1ヶ月半)が下の写真ですので、ブラックとはだいぶ違いますね。

使用開始前のブルー

使用1ヶ月半のブルー

これが個体差の問題なのか、ブラックは全体的にこのような感じなのかは分かりませんが革の質感的にエイジングしづらい傾向にあるのかもしれませんね。

もう少し様子を見てみてみましょう。

余談

今回の成田パスポートですが、元々はよしぞーが成田で購入して まいこはん(CLUB TN共同運営者)に渡す予定でした。

定期的にゴルフで成田方面に行ってるので、ゴルフついでに成田店に立ち寄れば大丈夫と欲しがっているまいこはんに「俺が買ってきてあげるよ〜」という流れ。そんな話をしたのが、前回のTNオフ会を企画し始めた頃なので昨年の8月〜9月にかけてです。

それからまいこはんから幾度かの気を使った柔らかめのフォローを頂きつつも、成田に行く機会を作れずに一年が経過しておりました。

成田パスポートがよっぽど欲しかったようで、結局、9月1日CLUBTNオフ会開始前の午前中に、名古屋在住のまいこはんが成田のファクトリーまで行き、私の分まで購入してきて下さった経緯となります。

行く行く詐欺をしてしまったこと、この場を借りてお詫び申し上げます。m(_ _)m

でもまあ、スタンプがたくさん押せたからよかったということで。

トラベラーズファクトリーのスタンプ
トラベラーズファクトリー3店舗(中目黒、成田空港、東京駅)に設置されているスタンプの絵柄をご紹介します。

スタンプ押しながら「きゃーきゃー」言ってるまいこはんが目に浮かびますぞ!