第二回CLUBTNトラベラーズノートオフ会レポート

お知らせ・イベント

9月1日、第2回CLUBTNトラベラーズノートオフ会を新宿にて開催しました。

前回のオフ会よりも多くの方が来て下さいまして、参加者20名でのイベントとなりました。オフ会の様子や雰囲気を少しでもお伝えできたらと思います。

第2回トラベラーズノートオフ会開催レポート

開催前準備

前回のオフ会ではプレゼンやプチワークショップなどを開催しましたが、話し足りないという印象もありましたので、今回は自由時間を長く設けてみなさんが自由に和気藹々とお話が出来るようにすることをコンセプトに準備を進めてきました。

楽しくお話が出来るようにするためには、やはり飲食持ち込み可能なスペースで、お茶とお菓子をつまみながら愛するトラベラーズノートを語り合う、そんな会にしたいと思いカフェ風のスペースを貸し切って開催することに。

会場の雰囲気はこちらをご覧ください。

トラベラーズノートオフ会開催会場が決まりました
こんばんは。よしぞーです。 9月1日に開催を予定しているトラベラーズノートオフ会のオフ会会場が決まりました。 今回は新宿駅西口から徒歩5分の雑居ビルの中にあるレンタルスペースで13:00〜17:00までお借りすることができました...

さて本日、オフ会開始は13:30ですが、運営メンバーのよしぞーとまいこはんはその前に集合して下準備を行うという事前計画。

私よしぞーは12時過ぎには現地に到着して、近所のコンビニでドリンクやお菓子を調達し現地に向かいます。

20名分のドリンク(600mlのお茶×20本)とお菓子は流石に重たく汗だくになりながら運んでいたわけですが、両手がふさがっている状態でまいこはんよりメッセージが。

緊急な内容かと思ったので、荷物を一旦置いてスマホを確認すると、

「会場、お湯、沸かせる?」

とのこと。

この人何を言っているのだろうと思いつつ会場入りして確認すると電気ポットが置かれていたので、大丈夫な旨を返信して準備に取り掛かります。

お茶を冷蔵庫に入れて冷やしたり展示用のトラベラーズノートを並べたり、気づけば13時を過ぎ参加者の皆様も少しずつ集まってきました。

まいこはんもオフ会開始の13:30前には到着。(おせーよ)

オフ会スタート

開始時刻13:30、オフ会スタートです。

参加者一人一人の自己紹介をしていただき、どのようにトラベラーズノートを使用しているかをお話頂きました。

皆様、手帳としてがっつり使われている方、カスタマイズされている方、オリジナルなリフィルを作られている方などとても参考になります。

さて、皆様が真剣にお話ししているところ、ふと横を見ると、カップラーメンを準備しているまいこはんがいます。

皆様の自己紹介中にカップラーメン?

まさかとは思いましたが、この後美味しそうにいただいておりました。

周囲に気を使うまいこはんですから、「今回のオフ会は飲食も自由に楽しんでください」という自らの体を張ったメッセージであったと解釈しておきましょう。

ちなみに、カップラーメンをすすりながら僕に指示してきた言葉は、

「自己紹介の時間枠100分設けてあるけど60分くらい余りそうだから、よしぞーさん60分しゃべって」

とのことでした。

まいこはんとお会いするのは2度目、半年ぶりにお会いしましたが、この人怖いです。

ボキャブラリの少ない私にはまいこはんの要求には答えることができず、5〜6分の自己紹介を済ませてフリータイムがスタートしました。

フリータイム

今回4つのテーブルがありましたが、それぞれのテーブルに4〜5名が集まって、各々がトラベラーズノート談話に花を咲かせていらっしゃいました。

私はそれぞれのブースに行ったり来たりしていましたので、どんなお話をされていたかは分かりませんが、その時の雰囲気と写真を見る限り楽しんで下さっていたかと。

また、今回は革製品のメンテナンス道具もいくつかお持ちしましたが、皆様、ブラシやクリームを使って自身のトラベラーズノートを愛でていました。

トラベラーズノート沼に落ちた後はメンテ沼ですよ。

是非是非、こちらの沼にも足を突っ込んでください。

ちなみに今回一番人気だったメンテナンスオイルは、コロニル1909シュプリームクリームデラックス。ツヤがしっかりと出るクリームでオススメです。

こちらのクリームを使われて磨き上げられたトラベラーズノート。

美しいですな。

さて、20人もの人が集まると変わったことをする方が登場するのが世の中の常。

今回はトラベラーズノートの香りを吸引するという方々が現れました。

この場には私も立ち会っていましたが、この界隈での議題は、

  • 新しいトラベラーズノートと古いトラベラーズノートは香りが違う。
  • 新しいトラベラーズノートの香りを保ち続けるにはどうしたら良いのだろう。
  • 密封性の高いケースに入れて保管しておく?

封印しないで良いのでちゃんと使ってください。

続いてはこちら。

素晴らしいカスタマイズが施されたトラベラーズノートです。

このトラベラーズノートは、イラストレーターでもあるきしあやこさんが作られたものでさまざまな素材でレリーフ状にされています。

こういったカスタマイズは初めて見ましたが、本当に素敵すぎです。

もう一つ面白いカスタマイズ。

こちらはkeiさんのトラベラーズノートですが、真ん中のブルーが不思議な風合いになっているのが伝わりますでしょうか。

斜めラインのシボが入っています。
こちらのトラベラーズノート、以前からタイムラインで拝見していて気になっていたのですが、今回のオフ会にて作り方を教えていただきました。

なるほど!
これは私も作る!!

ブルーパスポートの再会

もう一つ、今回のオフ会で大切なイベントがありました。

こちらの記事を覚えている方はいらっしゃいますでしょうか。

使う人によるエイジングの違いを検証(ゴッドハンド対決)
こんにちは。よしぞーです。 今回は、お迎えしたブルーのパスポートのエイジング検証について。 トラベラーズノートは使っていくうちにエイジングが進み、より味わいのある色味・風合いへと変化していくもの。 エイジングは革の状態、革...

同じ日に購入したパスポートサイズのトラベラーズノートを、私よしぞーとまいこはんがノーメンテナンスで使い続け、どのようなエイジングになるかを検証するという企画でした。

オフ会開始時に私が説明し忘れてしまったため、ひっそりと再会されたブルー2冊。

5ヶ月間、お互いが使用した結果、以下のようにエイジングが進みました。

よしぞーが使っているパスポートブルーが左側、まいこはんが使っているものが右側です。

頻度や使い方も異なるので一概には言えませんが、大きな差が出ましたね^^

ちなみにこのパスポートの検証で分かったことですが、メンテしなくても使い続けてあげれば美しいツヤと風合いに育つということでした。

トラベラーズノートタワー

さてさて、共通な趣味を持った仲間が集まると時間が経つのはあっという間です。
オフ会は13:30〜16:30までの3時間、会場は17:00までお借りしていましたが終わりの時間が近づいてきました。

トラベラーズノートはもちろん、手帳系のオフ会での締めといえば手帳タワー(トラベラーズノートタワー)です。

まず、一作品目の建築。

バラバラに盛り上がっていた参加者の皆様が、一つの方向を向きます。

運営者としてなんか嬉しい。

完成。

すごい迫力・・・。

そして2作品目は日本で一番手帳タワーの建築に立ち会っているだろうと思われる、日本手帖の会のドンであり手帳積み師という肩書を持つおりひかいくおさんにお願いし、トラベラーズノートタワーを建築していただきました。

二作品目は、まいさんが製作の風景を撮影して下さっていました。

Twitter

途中倒れてしまいそうになったシーンもありましたが、

総数65冊という、日本最大級のトラベラーズノートタワーが完成しました。

最後は参加者の皆様で記念撮影を行い、オフ会は解散となりました。

参加された皆様、本当にありがとうございました!

なお、オフ会解散後、6人ほどで軽くお酒を飲みながら二次会も行いました。
こちらでは革について深い話を聞けたりと、これまた充実した時間を過ごさせていただきました。

最後の締めはへぎそばにて。

トラベラーズノートオフ会は、今後も定期的に開催したいと考えておりますので、参加された皆様、今回は参加できなかった方々もぜひ次の機会でご一緒させてください。

以上、オフ会レポートでした。

コメント